オリジナルビニール袋の作り方や魅力をご紹介!

ショップの宣伝活動にオリジナルビニール袋

ショップの宣伝活動にオリジナルビニール袋 発注単価が少し高くても、何度も使えるように素材の厚めのビニール袋に、ショップの名前やロゴやマーク、簡単な店舗案内や連絡先などを印刷すれば、立派な宣伝広告になります。
ビニール袋はお客様が商品購入後にしばらく持ち歩かれるものです。
最近ではビニール袋も小ロットでも安価に印刷が可能なため、定期的に印刷内容を変更し、新商品の紹介や季節のイベントやセールのアピールなどにも活用できます。
さらに、捨てるにはまだもったいない、デザインが素敵なのでもう少し使ってみたいとお客様に思わせるように、デザインにも少し力を入れるだけで、ショップのイメージアップにもなります。
また、ビニール袋の宣伝活用として、ダイレクトメールなどに使用する封筒の代わり、店外で配布する資料やパンフレット入れなどに使用すると、中身が見えることでお客様が興味を持つ可能性も上がってきます。
透明な袋を通して見える中身は、見る人の好奇心をよりくすぐるものです。

ビニール袋は安価!

ビニール袋は安価! レジ袋などでおなじみのビニール袋ですが、元々ビニール袋は塩化ビニール樹脂というもので作られており、特別製造コストが良いものではありませんでした。
しかし現在のビニール袋はポリエチレンやポリプロピレンなどで作られており、非常に製造コストが良くなったので販売店などに安価で提供できるようになっています。
なので本来は「ポリエチレン袋」や「ポリプロピレン袋」と呼ばれるべきなのですが、塩化ビニール樹脂が使われていた頃の名残として今でもビニール袋と呼ばれています。
ビニール樹脂で作られた袋は分厚く、現在使われているレジ袋などよりも強度が強いのですが、大して重くない物をいれるのであればそれほどの強度は必要なく、安価で製造できるポリエチレンやポリプロピレンの強度で十分なのです。
なのでビニール樹脂は今では買い物袋などにはほぼ使われなくなり、壁紙やテーブルクロスといったある程度の強度が求められる物の素材として使われています。

新着情報

◎2018/6/1

ビニール袋の意外な活用法
の情報を更新しました。

◎2018/4/10

オリジナルデザインを考える
の情報を更新しました。

◎2018/2/8

「物を入れる」以外の使い方
の情報を更新しました。

◎2017/12/8

小ロットから作れて安い!
の情報を更新しました。

◎2017/9/7

ショップの宣伝活動
の情報を更新しました。

◎2017/8/9

サイトを公開しました

「袋 宣伝」
に関連するツイート
Twitter

知恵宣伝しておきました笑。 detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_de…

返信先:@shoko55mmts ロサンゼルスのエンゼルスタジアムで「日本で一番美味い麺」ってしつこいくらいに宣伝してた醤油だな!ロサンゼルスの塩と味噌がどんなものか確かめるために、またロサンゼルスに行こうぜ! pic.twitter.com/bPHm7M8SQR

RT @yzrh_trade: バズりの内に入らないけど宣伝いい?いいよ🚒 千葉県柏のキネマ旬報シアターさんで25日応炎上映あります!主要劇場は回りましたが、スクリーンがズバ抜けて鮮やかです!見えなかった色が見える…速攻ブルーベリー3分はある…熱いファンの皆さまもよろしければ…

Twitterきょあめあ🔺🔥サヴァナレ@pRiocreMd824

返信 リツイート 8:10

宣伝】 「言うまでもない。僕は『四十九番』の常連だ」 味も素っ気もないビニールをテーブルに置いて答える。(奇をもって貴しとなす日替部:世界に一つだけのメシ) ncode.syosetu.com/n9032ep/14/ #narou

Twitter山野 凌@なろう&カクヨム&アルファ@ryouyamano

返信 リツイート 6:56

謎は深まるばかり>rt 初日の第3部に行きまして。 紙モノとインクと、二つに分けてに入れてくださったんですよね。 インクも、大量に買ったつもりはないんだけど、を二重にしてくれたよ? で、持っていったエコバッグに入れて帰ってきましたよ。宣伝にならずにごめんよ。

TwitterMAY(メイ)@ISOT文具PRサポーター@may1025

返信 リツイート 0:10

配布物の種類が多い事を考えると、去年のナターリアティッシュのような総選挙の宣伝効果を期待する類いのものは、相当分かりやすいか記憶に残るものじゃないと効果は薄いと思えてしまう。 一歩抜きん出るには何かなー。 配布物の一番外側になるって意味で、配布物を入れられるとかかな?

タマ)ジオウからゼロワンへのバトンタッチイベントに、嶺とてん(父と息子)が参加してきました! 超ハイテンションの息子と、2人分のお土産を持って帰ってきた旦那。 宣伝用の名刺が、ミニ給料に入ってて、凝ってるっ! pic.twitter.com/Cs6ina3xy9

この、めっちゃ宣伝してる感(笑) pic.twitter.com/GNRwl4BWxg

返信先:@prince_of_gyoza さすが売国新聞社。 タイムリーにさっき勧誘に来てましたw 新聞読みません!って言ったら、そうですよね~って苦笑いで、宣伝のビニールだけ渡して帰っていきました。 渡されたのがこれw pic.twitter.com/Z8QkRseq5J

記念品のを持っている人がいるんだけど、大きさ考えてくれー😭となってます。 40周年の時の包が最大値だと思って用意してきたんですけど。あれ持って帰るの辛い。私は宣伝しながら歩く勇気はないよ。 #ALFEE45周年